レンタカーで洞窟巡り|レンタカーを利用してエンジョイツアーに出掛ける|快適な移動の旅
車

レンタカーを利用してエンジョイツアーに出掛ける|快適な移動の旅

レンタカーで洞窟巡り

運転する女性

青の洞窟に行くさいの注意点

青の洞窟とは、海蝕洞と呼ばれる海に面した場所にある洞窟で見られる現象で、洞窟内が青く照らされる状態になるものです。この青くなる理由としては太陽光のうち青系の光は短波長でエネルギーが大きく減衰率が低いためよりそのほかの色の光よりも遠くに届きやすい性質があります。一方で青の洞窟では地底が光を反射し易い白系であることが多く、これにより青系の色が反射され、それが洞窟全体を照らしだすというものです。青の洞窟は、海蝕洞と呼ばれる場所で見られる現象であるため、満潮時には水没してしまうこともあり、見に行くさいには現地のガイドに案内をしてもらうのが安全です。また晴れた日にしか見ることができないため注意が必要です。レンタカーで観光地巡りをエンジョイしましょう。

洞窟のある場所について

青の洞窟といえば、世界的に有名なのが、イタリア南部にあるカプリ島の海蝕洞です。このカプリ島は周囲の多くが断崖絶壁となっており、多くの海蝕洞があり、その中で条件が整った洞窟で、青の洞窟を見ることができます。この青の洞窟は非常に歴史が古く、ローマ時代にも利用されていました。観光資源としては、1830年代頃から行われるようになり、現在では小さなボートに乗って洞窟内に入ることができるようになっています。一方で、日本国内にも青の洞窟があり、ひとつは沖縄の恩納村の真栄田岬にある洞窟と、陸中海岸にある浄土ヶ浜湾にある洞窟です。沖縄にある恩納村に向かうにはレンタカーが必要になります。恩納村の青の洞窟ではダイビングを行って中に入る必要がありますが、陸中海岸の場合には、湾内の観光案内の船を利用して見に行くことができます。ワクワク心が踊るリムジンレンタルの旅を満喫しましょう。